一緒にアート作品を完成させよう







首都圏を中心に活躍するアーティストユニット「S+N laboratory」を招き、「アーティスト・イン・レジデンス」を行います。 今回のテーマは「つなぐ」。黒磯駅前と板室温泉をアートで結ぶ参加型のプログラムです。

【つむぐプロジェクト】

「つむぐ」をテーマに、日々少しずつ増え広がり、 その場を共有しながら空間を作りあげていく参加型アート作品 → 詳細

【黒板プロジェクト】

黒板塗料で塗られた造形物に、書いたり消したりを繰り返す中で つながっていく想いが「痕跡」となって表れる参加型アート作品 → 詳細


つむぐプロジェクト

「つむぐ」をテーマに、日々少しずつ増え広がり、
その場を共有しながら空間を作りあげていく参加型アート作品



【プロジェクト内容】

参加型のアート作品が期間中展示されています。
アーティストが不在のときでも参加できます。 大人から子どもまで、自由に足を運んで作品に参加しましょう!


【作品展示期間】

8月5日(月)〜31日(土)
午前9時〜午後9時30分
※13日、27日は休館

【アーティスト滞在期間】

7月31日(月)〜8月3日(土)
時間等は当日ご確認ください

【場所】

まちなか交流センターくるる
 那須塩原市本町6番32号
 https://www.city.nasushiobara.lg.jp/22/kouryuu/4489.html









くるるでの作品作りに参加したい場合は、
下記のカレンダーでご確認ください。
通常の展示は常時行っております。





黒板プロジェクト

黒板塗料で塗られた造形物に、
書いたり消したりを繰り返す中で
つながっていく想いが「痕跡」となって表れる参加型アート作品






【プロジェクト内容】

参加型のアート作品が期間中展示されています。
アーティストが不在のときでも参加できます。 大人から子どもまで、自由に足を運んで作品に参加しましょう!


【作品展示期間】

8月5日(月)〜31日(土)
午前10時〜午後5時

【アーティスト滞在期間】

7月31日(月)〜8月3日(土)
時間等は当日ご確認ください

【場所】

板室温泉○△□ギャラリー
 那須塩原市板室856
 


S+N laboratory

エス+エヌラボラトリー




S+N laboratory

 美術教育研究者兼美術家である西園政史と美術家榊貴美によって、2012年に結成。
 ワークショップを中心とした活動をはじめ、プロジェクト、コラボレーション、美術協力など 多岐にわたる活動を行っている。
 活動の特徴として、人と街、そして社会との関係を持ち展開。 参加型アートなどを中心に発表をしている。


S+N laboratory ホームページ
http://spnlab.strikingly.com/

AIR(アーティスト・イン・レジデンス)とは


アーティストを招き、滞在制作などを行うプログラムです。
今回は、アーティストと参加者が共同で作品を制作します。








INFORMATION

主催:ART369プロジェクト実行委員会



ART369プロジェクト実行委員会事務局(那須塩原市企画政策課)

栃木県那須塩原市共墾社108番地2
TEL:0287-62-7106
E-MAIL:kikakuseisaku@city.nasushiobara.lg.jp